【バイク】ライダー必見!発行手数料・年会費無料のETCカード7選

  • 2021年3月7日
  • 2021年3月28日
  • その他
  • 670回
  • 0件

ライダー必見!ETCカードのメリットとは

料金所をスムーズに通過できる

まず1つ目のメリットは料金所をスムーズに通過できる点です。

みなさんご存知のように、ETCを付けていれば料金所で停止して、財布を出してお金を支払う必要がありません。

スムーズな通過をすることでツーリング時の手間や時間ロスを減らすことができます。

ETCを使うだけで割引になる

  • 深夜割引
    割引率:30%引き
    対象日時:毎日0〜4時
    条件:NEXCO3社および宮城県道路公社が管理する割引対象道路を走行
  • 休日割引(地方部)
    割引率:30%引き
    対象日時:土日祝

これらの割引はバイクにETCを搭載し使うだけで割引になります。

ETCマイレージサービス登録でさらに割引になる

ETCマイレージサービスはETCを利用して対象の道路を利用するとポイントが付くサービスで、貯まったポイントで無料通行分と交換できます。

※ポイントは道路事業社ごとに付与されます。

また、ETCマイレージサービスに登録すると平日朝夕割引(地方部)も適用できます。

  • 平日朝夕割引(地方部)
    割引率:毎月(1日~末日)の対象走行回数に応じ、地方部区間の最大100キロ相当分までの最大50%分を還元
    対象日時:平日6〜9時/17〜20時
    条件:ETCマイレージサービス登録
tomo
ETCマイレージは別途登録が必要なので必ず登録しましょう!

ETC2.0導入でさらに便利&お得に!

実はETCには旧ETCとETC2.0があり、今後はETC2.0が主流になります。

ETC2.0は全国の高速道路に設置されたITSスポットから送られてくる渋滞・規制情報、災害情報などの運転支援情報を活用したサービスが受けられるようになります。
メリットとしては以下4点です。

  • 圏央道の割引(ETC2.0を付けると通常のETC割引よりさらに安くなります
  • 賢い料金(道の駅への一時退出が追加料金なしになります)
  • 渋滞回避支援(リアルタイムで渋滞の回避ルートをナビで受け取れます)
  • 安全運転・災害時支援

ライダー向け年会費無料のETCカード7選

今回はクレジットカード付帯のETCカードでカード年会費、ETC発行手数料、ETC年会費が全て無料のもののみピックアップしました。

無駄なコストは支払わずにお得にETCカードを作れるのは以下のクレジットカードです。

これからツーリングに行くためにETCカードを作ろうと思っている方はぜひ参考にしてください。

JCB CARD W

JCB CARD Wの最大の特徴はポイントを様々なポイントに交換可能であることです。

ポイントの還元率も通常だと1000円で1ptですが、このカードならいつでも1000円で2pt付きます。

1000円利用で2ptしか付かないのは少ないのでは?と思うかもしれませんが、Oki Dokiポイント1pt = Amazonポイント3.5pt、5nanacoポイントなので、還元率は悪くありません。

クレジットカード自体の年会費も無料ですし、ETCカードも発行手数料・年会費ともに無料でコスパのいいカードになっています。

  • Oki Dokiポイント2倍(1000円ごとに2ポイント)
  • Oki Dokiランド経由でネットショッピングのポイントが最大20倍(Amazon 楽天等)
  • Amazonでの買い物でOki Dokiポイントを使える
  • Oki Dokiポイントを様々なポイントに交換可能(楽天ポイント、nanaco等)
  • Apple Pay・Google Pay対応
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
貯まるポイントOki Dokiポイント
ポイント還元率2%
※通常1000円で1ptのところ1000円で2pt還元
国際ブランドJCB
その他18歳以上39歳以下が申込可能

エポスカード

僕は現在エポスプラチナカードをメイン利用しているので、ETCカードもエポスのものを利用しています。

エポスカードで個人的に気に入っているのは「ポイントをネットショッピングの支払いに充てられること」です。

クレジットカードはポイントの還元率が大事なのですが、その貯まったポイントを使うために逆に出費を増やしては意味がありません。

その点、エポスカードは貯まったポイントを支払いに充てられるので実質的な現金出費を下げることができます。

ETCも発行手数料・年会費ともに無料ですし、エポスポイントも付くのでおトクです。

tomo
僕はエポスカード→エポスゴールドカード→エポスプラチナカードと乗り換えて来ました。インビテーションが来る目安としてはゴールドカードが年間50万利用、プラチナカードは年間100万円利用です。ポイントも貯まりやすく、支払いにポイントを充てられるので非常に便利です。
  • WEB入会で2000ポイント
  • 優待10,000店舗
  • たまるマーケット経由でネットショッピングのポイントが最大30倍
  • ポイントをネットショッピングの支払いに充てられる
  • 年4回マルイでのショッピングが10%オフ
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • エポスカードを一定額利用すると年会費無料でエポスゴールドカードを利用できる
  • エポスRoom ID利用で家賃をエポスカードで支払える
  • Apple Pay対応
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
貯まるポイントエポスポイント
ポイント還元率0.5%(200円で1pt)
国際ブランドVISA

ウェビック出光カードまいどプラス

バイク用品のネットショッピングサイトのウェビックが発行しているクレジットカードです。

特徴としてはウェビックでの買い物でポイントが1.5倍になることと、出光SSでの給油でガソリン代が常に2円/L引きになる点です。

普段出光SSで給油する人に特におすすめです!

年会費550円の「ねびきプラスサービス」というのもあり、ショッピングの利用金額に応じてガソリン代が最大8円/L引きになるオプションもあります。

車も複数台持ちのバイカーで出光SSをよく利用する方にはこちらのオプションもおすすめです。

  • ウェビックでの買い物時に利用でポイント1.5倍
  • 入会特典で2600ポイント付与
  • Web明細利用で毎年4/11~5/10のガソリン代が3円/L引き
  • 出光SSでの利用でガソリン代が2円/L引き
  • 入会後1ヶ月はガソリン代5円/L引き
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
貯まるポイントWebikeポイント
ポイント還元率0.5%(1000円で5pt)
※月間合計利用額
国際ブランドVISA

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ・ザ・カード・オーパスはイオンとコスモ石油をよく使う人におすすめのカードです。

コスモ石油では会員価格で給油可能です。

また、イオンでの買い物では通常ポイントが2倍、で毎月20日・30日に利用で5%OFFになります。

  • コスモ石油の利用でガソリン代50L分(最大500円分)を請求時に値引き
  • コスモ石油でカード会員価格が適用される
  • イオングループ対象店でときめきポイント2倍
  • 毎月20日・30日はイオンでのお買い物が5%OFF
  • イオンシネマで割引
  • Apple Pay対応
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
貯まるポイントときめきポイン,ト WAON POINT, 電子マネーWAON POINT
ポイント還元率0.5%(200円で1pt)
国際ブランドVISA, Master, JCB

リクルートカード

リクルートカードはどこで利用しても1.2%ポイント還元というのが特徴です。

じゃらんやホットペッパーなどリクルート系列のサービス利用の場合は最大4.2%のポイント還元になります。

バイカーとしてはロングツーリングによく行く方で、じゃらんで宿予約をする方に特におすすめです!

  • ポイントが通常1.2%還元
  • リクルート系列のサービス利用で最大4.2%ポイント還元
  • Pontaポイントに交換可能(1リクルートポイント→1Pontaポイント)
  • 電子マネーチャージも1.2%ポイント還元
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
貯まるポイントリクルートポイント
ポイント還元率1.2%
国際ブランドVISA, Master, JCB

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは常にポイントが1%以上還元されるのが特徴です。

入会後6ヶ月間はポイントが2%還元され、オリコモール経由でネットショッピングをするとさらに0.5%還元されます。

  • 入会後6ヶ月間は2%ポイント還元
  • オリコモール経由でネットショッピング利用でさらに0.5%ポイント還元
  • IDとQUICPayタブル搭載
  • 様々なポイントへ交換可能(楽天ポイント、Tポイント等)
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
貯まるポイントオリコポイント
ポイント還元率1%以上(通常100円で1pt)
国際ブランドMaster, JCB

三井住友カード

三井住友カードはコンビニやマクドナルドでの支払いでポイントが最大5%ポイント還元されるのが特徴です。

デザインも刷新され、非常にかっこいいデザインになっています。

ETCカードも発行手数料無料で作ることが可能です。

年会費は無料ですが、前年度1回以上ETCカードの利用がない場合、年会費550円かかるので少し注意が必要です。

  • コンビニ3社・マクドナルドでの利用で2%ポイント還元(タッチ決済でさらに+2.5%)
  • 対象3店舗を3店まで登録で+0.5%ポイント還元
  • VISAタッチ決済・Master Cardコンタクトレス決済利用可能
  • Apple Pay・Google Pay対応
カード年会費無料
ETC発行手数料無料
ETC年会費無料
※毎年1回でも利用があった場合
貯まるポイントVポイント
ポイント還元率0.5%〜(通常200円で1pt)
国際ブランドVISA, Master

最後に

今回の記事ではカード年会費、ETC発行手数料、ETC年会費が無料のカードを紹介しました。

バイクは維持費もかかるので、ETCカードで余計なコストを支払わなくても済むように今回の記事を参考にしていただければと思います!

じゃあね!

Ninja400が52万!?高額査定サービス
「カチエックス(旧アップス)」

「カチエックス(旧アップス)」はネットで簡単!バイクの高額査定サービスです。僕も利用したサービスでNinja400の査定額はなんと52万!スマホで写真を撮って放置するだけのラクラク作業で高額査定が期待できます。

■カチエックス(旧アップス)の特徴

  • ①中間マージンがなし!高額査定が可能
  • ②スマホで完結!
  • ③画像を最低9枚登録するだけ!
  • ④利用料・月額料0円
  • ⑤引き取り料・書類手続き費用0円

 

※僕がNinja400を査定したときの記事はこちら