【後悔】Ninja400の5つの欠点と買うと後悔する人の特徴とは

  • 2022年6月12日
  • 2023年2月16日
  • その他
  • 22231回
  • 0件

僕自身Ninja400を購入して全く後悔していません。

しかし、1年乗ってみてNinja400の欠点や、こういう人が乗ったら後悔するだろうなというのがだんだん分かってきました。

今回の記事ではNinja400の欠点と買うと後悔する人の特徴をご紹介します。

Ninja400にするか他のバイクにするかで迷っている方は参考にしてみてください。

Ninja400の最大の欠点は「尖ったところがない」こと

Ninja400の最大の欠点はやはり「尖ったところがない」ことです!

Ninja400は

  • 車重も軽くて取り回しやすい
  • ポジションもラク
  • パワーも公道で走る分には申し分ない

とにかくオールマイティ過ぎます。

逆にオールマイティ過ぎるので人によっては何か物足りなさを感じ、場合によってはつまらなさを感じる方もいると思います。

Ninja400は良いバイクなのですが、ZX-25rなどのようにぶん回せて、4気筒特有の高回転域のサウンドが出せるなど、突き抜けた部分がない点が逆に最大の欠点になってしまっています。

Ninja400の後悔ポイント5選

マフラー音がおとなしい

Ninja400の純正マフラー音はめっちゃおとなしいです。

2気筒なので4気筒特有のサウンドもないですし、ぶん回したときの爽快な突き抜けるような音もないです。

とにかくおとなしく、「排ガス規制きちんと守ってます」みたいなザ普通の音なのでZX-25rとかの音が好きな人には物足りないと思います。

tomo
僕はマフラーの音は静かなほど好きなのでNinja400のマフラー音は結構好きです

前傾がきつくない

Ninja400はスポーティーな見た目をしていますが、全く前傾がきつくありません

かといってツアラーほどポジションがラクかというとそうでもなく、少し中途半端です。

普段公道を走るときは非常にラクでいいのですが、レーシーな走りをしたい人にとっては物足りないかもしれません。

tomo
Ninja400はSS風ですが、ポジションはほぼネイキッドです。

ぶん回せない

Ninja400に乗っていると3000~5000回転くらいしか使いません

それくらいで公道は十分事足りるからです。

ZX-25rのように公道でもぶん回したいと思っても、Ninja400だと無理(速度違反になる)のでぶん回して楽しみたい方には不向きです。

tomo
公道ではほんとに3000〜5000回転しか使わないのでアクセルも思いっきり開けたことないです、、

電子制御等の最新のテクノロジーが搭載されていない

CBR250rrやZX-25rなどのバイクは電子スロットルやモード選択など、最新の電子制御システムが搭載されていますが、Ninja400には搭載されていません。

特に電子スロットルやモード選択などなくても困りませんが、CBR250rrやZX-25rほどはパワフルでスポーティーな走りはできないかもしれません。

 

tomo
Ninja400はABSやアシスト&スリッパークラッチは付いてます

見た目がややチープ

Ninja400は価格も安いのもあるためか、大型や高級250ccに比べると見た目はややチープです。

しょうがないことですが、ややプラスチック感が強く、外装とかでコストカットしてるんだなと感じやすいです。

tomo
やはりZX-25-rに比べると各種外装パーツや塗装がややチープだなと感じます

Ninja400を買うと後悔する人の特徴

ここまでNinja400の欠点を紹介してきましたが、僕が思うNinja400を買うと後悔する人は

CBR250rr、ZX-25rに興味がある方です!

Ninja400について調べている方はそもそも普通免許取立てなどの初心者が多いと思います。

なので検討しているバイクも250cc、400ccのどちらかだと思いますが、この2台に興味のある方は心の中で

  • ぶん回して乗りたい
  • サーキット行ってみたい
  • 峠を思いっきり楽しみたい
  • 最新のテクノロジーが好き
  • エンジンサウンドにこだわりがある
  • 人から注目されるバイクに乗りたい

とかを考えていると思います。

そのような方がNinja400を買うとおそらく物足りなくてすぐに飽きてしまうと思います。

間違っても予算が足りないからNinja400にしようとかはやめてください。

予算が足りなければ時間はかかるかもしれませんが、貯金してCBR250rr、ZX-25rを購入した方が絶対に幸せになれます!

見た目はカウルが付いていて属性的には同じようなバイクに見えますが、CBR250rrやZX-25rのような高級250ccバイクとNinja400は立ち位置が全く違います。

CBR250rrやZX-25rに興味をもってネット検索やYouTubeで動画をよく見ている方は自分の気持ちに素直になってそのバイクを購入するのが一番だと思います。

最後に

今回の記事ではNinja400の欠点と後悔する人の特徴をご紹介しました。

僕自身はNinja400が乗りやすくとっても気に入っています。

僕みたいにラクなポジションでサーキットとか興味がなく、トコトコ景色を見ながら走るのが好きな初心者にとってはNinja400はベストなバイクだと思います。

しかし、Ninja400はあまりにオールラウンドなので、レーシーな走りをしたい人にとっては退屈なバイクに感じられると思います。

そのような方はNinja400ではなく、CBR250rrやZX-25rを購入しましょう!

そっちの方が後悔なくバイクライフを楽しめます!

関連記事

今回売却したNinja400の状態今回売却したNinja400の状態はこんな感じです。購入モデル:Ninja400(2021年モデル)レッドバロンで2021年4月に新車購入。購[…]

Ninja400が52万!?高額査定サービス
「カチエックス(旧アップス)」

「カチエックス(旧アップス)」はネットで簡単!バイクの高額査定サービスです。僕も利用したサービスでNinja400の査定額はなんと52万!スマホで写真を撮って放置するだけのラクラク作業で高額査定が期待できます。

■カチエックス(旧アップス)の特徴

  • ①中間マージンがなし!高額査定が可能
  • ②スマホで完結!
  • ③画像を最低9枚登録するだけ!
  • ④利用料・月額料0円
  • ⑤引き取り料・書類手続き費用0円

 

※僕がNinja400を査定したときの記事はこちら