バイクの振動でiPhoneのカメラが故障!?振動を最大90%抑制する最強対策アイテム6つをご紹介

  • 2021年10月17日
  • 2022年6月19日
  • カスタム
  • 7725回
  • 2件

バイクの振動はiPhoneのカメラに悪影響

GIZMODOの記事でもありましたが、アップルが公式にバイクの振動がiPhoneのカメラの故障につながるとアナウンスしています。

対象機種はiPhoneXS以降の機種で手ブレ補正とAFの機構が振動でやられるみたいです。

現在、アマゾンでバイクにスマホを取り付けるマウントは数多く売られていますが、その多くは振動対策はろくにされていません。

先日iPhone13も発表され、買い換える人も多いと思います。

せっかく新しく購入したiPhoneがバイクに取り付けてナビとして使用した結果、カメラが故障。

修理代が数万かかるとなったら意味がないので、今回は僕が取っているiPhoneを故障させないバイクの振動対策をご紹介します。

iPhoneの振動対策に必要なものは6つ

↑完成状態

今回僕が実際に行っているiPhoneのカメラを故障させない振動対策をご紹介します。

この方法を取ると以下のメリットがあります。

  • ナビが見やすくなる
  • バイクの振動を最大90%低減

ではさっそく、バイクの振動対策に必要なアイテムを紹介します。

iPhoneの振動対策に必要なものは6つです。

  1. バイク用クランプバー
  2. ラムマウント U字クランプ RAM-B-231U
  3. ラムマウント標準アーム RAM-B-201U
  4. クアッドロック1インチ ボールアダプター QLM-BAL
  5. クアッドロック衝撃吸収ダンパー
  6. クアッドロックiPhone用ケース

①バイク用クランプバー

まず必要なのはバイク用のクランプバーです。

このクランプバーにスマホマウントを付けるのが一般的になります。

※画像のクランプバーは僕が乗っているNinja400用のクランプバーになります。お持ちのバイクに合うクランプバーを用意してください。

②RAM MOUNTS(ラムマウント) ベース部 U字クランプ RAM-B-231U

クランプバーにつけるラムマウントのU字クランプになります。

今回ご紹介するiPhoneの振動対策はボールジョイントというのを使うので、こちらのパーツが必要になります。

③RAM MOUNTS(ラムマウント) アーム部 標準アーム RAM-B-201U

↑のU字クランプと一緒に使うのがこちらのパーツになります。

アルミ製でできており、プラスチック性と違い割れたりする心配がなく耐久性も高いです。

tomo
別メーカーに似たような商品がありますが、↓のクアッドロックの1インチボールが入らない可能性があるので注意してください。僕は1度失敗して1インチボールが入らないパーツを購入してしまいました、、汗

④クアッドロック1インチ ボールアダプター QLM-BAL

今回クアッドロックのこのパーツを使用するためにRAMマウントのパーツが必要になります。

⑤クアッドロック衝撃吸収ダンパー QLA-VDM

iPhoneの振動対策の本命パーツがクアッドロックの衝撃吸収ダンパーです。

この衝撃吸収ダンパーはバイクから発生する高周波振動の最大90%以上低減してくれる超優れものです。

⑥クアッドロックiPhone用ケース

最後に必要なのはクアッドロックのiPhoneケースです。

iPhoneにこのケースを付けていればスマホをそのままワンタッチでバイクに装着することが可能です。

その他のiPhoneケースはこちら

tomo
ちなみにクアッドロックのiPhone7/8用ケースはiPhone SE(第二世代)にも使用できます

クアッドロック モーターサイクル ハンドルバーマウントはおすすめしない

クアッドロックが出しているバイク用マウントとしてハンドルバーマウントというのがありますが、こちらはおすすめしません。

理由としては2点あります。

  1. 角度調整ができず反射で見にくいときがある
  2. 目線をかなり落とさないとナビが見れず危ない

バイク用ハンドルバーマウントは工具がないと角度調整ができないので、走っていて日光の反射で見にくい時にとても困ります。

また、このマウントを使うと前を見ている状態から頭を下げて下を見ないとナビが確認できないため危ないです。

一方でボールジョイントを使うと角度も自在に変えれますし、高さもあるので、少し目線を落とすだけでナビを確認することができます。

安く済ませるならRECマウント!

RECマウントでもクアッドロックと同じような衝撃吸収ダンパーが販売されました。

クアッドロックが高いと感じる方はRECマウントのものを使用することで6000円安く導入できます

大切なスマホをバイクの振動から守るために、衝撃吸収ダンパーを導入したいけど、クアッドロックが高いと感じる方!

RECマウントにすることで得られる効果は同じでコストを安く済ませることができます。

ただし、RECマウントはiPhoneケースのみでAndroidケースはないので、Androidをお使いの方は少し注意しましょう。

REC MOUNT クランプタイプ6371円
REC MOUNT 衝撃吸収ダンパー2497円
REC MOUNT iPhone SE2ケース2035円
合計10903円
メリット・振動を低減
・ワンタッチで着脱可能
・高さ、角度を自在に調節可能
・アーム部は金属製で頑丈
・クアッドロックより安い
デメリット・価格が高い
・Androidのケースがない

※2022/04/11時点の価格

その他のiPhoneケースはこちら

最後に

今回バイクの振動からiPhoneのカメラを守る方法をお伝えしました。

クアッドロックのパーツはあまり安くなく、全部集めるとそれなりの値段になりますが、iPhoneのカメラの修理代や修理期間中スマホが使えないことを考えると安い投資だと思います。

また、一度導入してしまえば、あとはiPhoneが変わった時に新しいケースを購入すればよいだけなので、そこまでお金もかかりません。

今の時代スマホをナビとして使う方は多いと思います。

最近のスマホはカメラがどんどん進化している分、故障すると修理代も高くつきます。

バイクの振動でiPhoneを壊したくない方は是非この方法をとってみてください。

Ninja400が52万!?高額査定サービス
「カチエックス(旧アップス)」

「カチエックス(旧アップス)」はネットで簡単!バイクの高額査定サービスです。僕も利用したサービスでNinja400の査定額はなんと52万!スマホで写真を撮って放置するだけのラクラク作業で高額査定が期待できます。

■カチエックス(旧アップス)の特徴

  • ①中間マージンがなし!高額査定が可能
  • ②スマホで完結!
  • ③画像を最低9枚登録するだけ!
  • ④利用料・月額料0円
  • ⑤引き取り料・書類手続き費用0円

 

※僕がNinja400を査定したときの記事はこちら